処女仲介人は無料で読める?方法はzip・rar、raw?漫画バンクにある?

橋浦健太先生による人気漫画『処女仲介人~奪ってほしい女達』。

処女を奪って欲しい女を男に仲介する話で、そのエロさからかなりの人気が出ているようです。ちなみに本作は成人向けではありません

※↓から試し読みできます。
無料漫画が豊富!【まんが王国】

処女仲介人~奪ってほしい女達のあらすじ

エリート銀行マンの壱村大和には痴漢という裏の顔がありました。

ある日、痴漢のターゲットにした女子学生に痴漢行為を撮影されてしまった壱村。彼はその弱みを握られ、女子学生の言う通りにすることに。

彼女の名前は黒木蛍。彼女は処女を奪って欲しい女性を紹介していると言い、壱村を勝手に「バージンコーディネーター」に任命してしまいます……

 

 
一見完璧のエリート銀行マンが弱みを握られ、なぜか処女を奪いまくる漫画です。弱みとは……

内容は現実離れしているものの、漫画としての完成度は非常に高いです。繊細なタッチの絵柄も特徴。

1話はタイミング次第で無料で読めることもあるので、とりあえず試し読みしてみましょう。
無料漫画が豊富!【まんが王国】

処女仲介人は無料で読める?方法はzip・rar、raw?漫画バンクにある?

処女仲介人~奪ってほしい女達を無料で読む方法はあるのでしょうか?

漫画を無料で読むといえば、まず思いつくのは海外の違法サイトからzip・rar・rawなどのファイルをダウンロードする方法。

しかし、このような違法サイトからファイルをダウンロードするのはウイルス感染のリスクが非常に高いです。パソコンやスマートフォンがウイルスに感染し、個人情報を抜かれたり、データを破壊されたりという危険性があります。

そもそも、違法サイトから「違法にアップロードされたものと知りながらダウンロードした場合」罰則を受ける可能性も!「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」と罰則も重いです。

 

 
次に思いつくのが漫画バンクのような海賊版サイトを使うという手法。海賊版サイトといえば「漫画村」騒動が記憶に新しいでしょう。

この手のサイトはダウンロードせずに漫画を無料で読めるため、利用者も多いようです。しかし、著作権侵害行為であることに変わりはありません。

また、詐欺広告が表示されることも多く、ウイルス感染のリスクも否定できません。サイトにアクセスしただけで危険と言えるため、アクセスしない方がいいでしょう。

漫画好きなら漫画はきちんとお金を払って買い、後ろめたい気持ちを持たずに堂々と読むべきです。作者にお金が還元されなくなると続きが読めなくなってしまうかもしれませんよ。

以下のサイトならクーポンを利用することで非常にお得に読めます。著作者から許可を取って運営しているサイトなので安心!

処女仲介人~奪ってほしい女達をお得に読む方法は?

『処女仲介人~奪ってほしい女達』を読むにはまんが王国がおススメです。他のサイトでも配信していますが、本作はまんが王国先行配信のうえにクーポンを使ってお得に読めるのでまんが王国がいいでしょう。

まんが王国では毎日最低でも10%オフクーポンが貰える「おみフリ」という企画をやっています。毎日 7:00~19:5920:00~23:59の最大2回くじを引くことができ、クーポンが当たります。このクーポンを利用することでお得に漫画を読めます。

このクーポンを利用すればこのように30%オフで漫画を購入できるように!ちなみに30%オフくらいならよく当たります。

『処女仲介人~奪ってほしい女達』はエロくて面白い作品です。R18ではないので誰でも買えますし、一回読んでみてはいかがでしょうか。

試し読みはこちら
無料漫画が豊富!【まんが王国】

処女仲介人~奪ってほしい女達の登場人物

処女仲介人~奪ってほしい女達の登場人物を紹介します。

壱村大和

32歳にしてメガバンクの課長を務めるほどのエリート社員。

しかし、「愛撫が巧すぎて捕まらない痴漢」というヤバすぎる裏の顔を持つ。ある日痴漢行為がバレてしまい……?

黒木蛍

壱村に痴漢された美少女。実は処女を紹介する仕事をしており、痴漢の映像という弱みを握った壱村をバージンコーディネーターに任命する。

結衣

最初に紹介された処女。超美少女の彼女が処女を捨てたい理由とは……?

ネタバレはこちら

処女仲介人 1巻のネタバレ エリート銀行マンが処女を奪う……!?
今回は人気漫画「処女仲介人~奪ってほしい女達」1巻のネタバレを書いていきます。 【新作情報】「処女仲介人~奪ってほしい女達/ep.1(第1話-第3話)」(橋浦健太先生)が、「ComicFesta」より配信開始されました!各公式サイ...

↓から試し読みできます
無料漫画が豊富!【まんが王国】

タイトルとURLをコピーしました